くせ毛の対処法「縮毛矯正パーマ」

梅雨の時期や、湿気の多い日は・・どうやってもまとまらないくせ毛。

 

昔は、スタイリング剤とドライヤーでまとまらせたり、ヘアアイロンで自ら伸ばす程度で解決するしかなかったと思います。

 

 

私も、思えば小学生の頃から、くせ毛に悩んでいました。
髪が多く硬い上に1本1本の毛がうねるのです。
母親も髪が硬いです。
そして父親の系統はみな、毛がクルクルくせが強いので、完全に遺伝と言えるでしょう。

 

 

当時、25年くらい前、くせに悩み、美容院へ駆け込みました。
その頃のストレートパーマといえば、ご存知の方は少ないかもしれませんが、パネル式でした。
液と少しの髪を取り、長細いパネルに貼り付けてクシで伸ばしてゆくのです。
そしてまた次に髪を取り、繰り返しパネルに貼り付ける・・という方法なので、頭はパネルだらけになり放置時間を置くのです。

 

まだ液がそれほど進化してなかったからでしょうか、この頃のくせ伸ばしは、矯正というより、伸ばすだけだったので、すぐまたくせが出てくるのです。
なので間もなくまた、このパネル式ストレートパーマを繰り返してきました。

 

しかし、無理に毛を伸ばすので、痛みも早く、それも悩みの1つだったと思います。

 

 

そして、私は20年前くらいから、パネルではなく「縮毛矯正」として行う美容院を自分の行きつけに見つけました。

 

今まで、どんなスタイリング剤や、アイロンも、一時的であり、縮毛を直す方法としては乏しかったです。

 

何をしても、くせ毛には「縮毛矯正パーマ」が1番効果的だと思います。
今の施術は、1液後、髪を乾かし、2液をつける前に、ストレートアイロンで根元からくせを丁寧に伸ばします。
そして伸ばした所へ2液をつけるので、「まっすぐ」の状態を髪が記憶するのでしょう。

 

ストレートアイロンをやる時に、細かく毛束を取り、しっかりくせを伸ばす・・ここが仕上がりの秘訣のようです。
ここで綺麗にくせが伸びていると、いつも仕上がりが「まっすぐ、すとん」としています。

 

矯正した部分は、私は3か月〜4か月は真っすぐ感は持ちます。
本来は半年くらいは持つようですが、私はとてもくせが強いので、3か月ごとに行うのがベストです。

 

 

一つ難点としては、何度も矯正を繰り返している毛先は、個人差はありますが、パリパリで硬くなってきてしまいます。
長く髪を伸ばしたいのですが、どうしても毛先が、死んできます。
それをカットしながら、次の矯正を繰り返す・・という事をしなければ、なかなか維持できないのが難点です。

 

しかし、あの「くせやうねり」を気にしながら人前に出ることを考えたら、多少毛先は切り落としてゆかなくてはならなくとも、「縮毛矯正」の素晴らしさは、この先もくせに悩む私たちのような女子達には欠かせないものなのです。

 


PR:エクラシャルム
ニキビケア専用の薬用クリーム!芸能人に愛用者もいる今話題の商品です。

 

ボリュームアップはしたいけど…

 

私の髪の毛の悩みは、ボリュームがあまりないことです。ストレートでぺたんとしがちな髪の毛。
ファッションアドバイザーの方からは、ふんわりした髪型の方がモテるよ、とのこと。
それでパーマをかけると確かにふんわりとした印象になり、自分としてもその方が性格と合ったイメージで落ち着くなと感じました。

 

異性からも好評でした。
ただ、そうするとダメージが気になるんですよね。それで、美容院にいくとその時はつやっとするんですけど、結局1週間もすると元どおりになってしまいます。

 

また、デルメッド ヘアエッセンスで選んでみたけどダメージ補習は後回しになりがち。
ふんわりとした髪の毛にしてくれて、ダメージもケアしてくれる。そんなシャンプーがあればいいのにな。

 

そして、もう1つ、いま探しているのが、パーマが上手な美容院なんです。それというのも、なかなかイメージ通りというか、イメージ以上の髪型にしてくれる美容院に巡り会えなくて…。何か、雑誌で見たような髪型ではなくて、今の自分に1番似合う髪型にしてくれる、そんな美容院に巡り会いたいんです。

 

でも、どうしたら巡り会えるんでしょうか。
それとも、私の美容師さんへの注文の仕方が問題なのかな?

 

髪の悩み、というか、髪型に関して美容師さんほど知識がないので、ちゃんとお話することができないと感じています。もっと手軽に、専門的な知識も手に入れたり、情報交換したりする場があってもいいのにと思ったりします。みんな意外と、自分に似合う髪型ってわからないんじゃないでしょうか?

 

なりたい自分のイメージというか。
もちろん、会う人によって作りたいイメージは違ったりするんだろうけど…。
髪の毛って奥が深くて、これからも悩みは尽きそうにありません。